就業規則の重要性 / サービス残業代トラブルから会社を守る方法 未払い残業代請求対策ナビ

就業規則の重要性

就業規則が未払い残業代請求から会社を守る

「就業規則なんて、形式的に作っておけば十分」
そのように思ってテンプレートを書き換えただけの就業規則を使っている会社が多いようですが、実はこれは非常に大きなリスクを抱えていることをご存知ですか?

テンプレートの就業規則

テンプレートの就業規則でも、部分的に修正すれば会社を設立するための必要書類として通るため、ネット上などで手に入れたテンプレートを少し書き換えて使っている会社は非常に多いようです。

しかし、それらのテンプレートでは最低限の項目しか含まれていないことがほとんどです。最低限の項目があれば必要書類としては通りますが、何かトラブルが起きた時には会社を守るために何の役にも立たないことがあります。特に、残業代請求対策に関してしっかりと作られた就業規則のテンプレートなどは見たことがありません。

残業代請求対策では就業規則が重要

残業代請求対策に非常に有効な「定額残業制」の導入や、残業を申告制にするなどの場合には、就業規則で定める必要があります。

就業規則の内容次第で無駄な残業代を削減でき、残業代請求対策では非常に重要な役割を果たすのが就業規則ですが、とりあえず形式的に作成した就業規則ではそこまでのことは考えられていません。社会保険労務士などの、法律を熟知した者が会社の状況を熟知したうえで作成する就業規則と、どこでも通用するように形式的な内容だけが書かれたテンプレート通りに作成した就業規則ではその内容は大きく違います。

法律の改正に対応した最新の内容と、会社の状況をしっかりと把握した就業規則を作成しておかなければ、思わぬ労務トラブルに発展することもあります。トラブルが起きたときに会社を守るのは就業規則です。

残業代に関して言えば、非効率的に仕事を長引かせて残業を行った社員に対しても、法律上は残業代を支給する必要があります。逆に、効率的に仕事を所定時間内に終わらせた社員には、法律は何も報奨を与えてはくれません。

だから、就業規則で残業に関しての内容をしっかりと定めておく必要があります。

就業規則の作成・見直しは社会保険労務士事務所へ

就業規則は、社会保険労務士が作成や見直しをしてくれます。
あなたの会社の就業規則を見直してみませんか?

>> 東京都の社会保険労務士事務所を探す

>> 大阪府の社会保険労務士事務所を探す

>> 全国の社会保険労務士事務所から探す

 

請求されてからでは遅いのが残業代請求対策。あなたの会社は対策ができていますか? ⇒残業代請求対策

残業代請求対策の相談

このページをお気に入り・ブックマークに登録 ⇒  twitterでつぶやく ⇒ twitter

Copyright © 2010 未払い残業代請求対策ナビ All rights reserved.