残業代は出ないと雇用時に説明していた / サービス残業代トラブルから会社を守る方法 未払い残業代請求対策ナビ

残業代は出ないと雇用時に説明していた

「雇用時に残業代は出ないと説明していたし、本人も納得していたはず」

業種によっては、「どこの会社でも残業など当たり前、残業代など出ないのがこの業界」と、従業員も納得のうえで入社してくるような業界も少なくありません。

本人も納得済みで入社したのだから残業代は支払う必要はない、と思われがちですが、これは法律上通用しません。通用しないどころか、本来支払うべき残業代を意図的に支払わないという法律違反を公言していることになるので、労働基準監督署に訴えられてしまえば、残業代請求をしてきた本人はおろか、他の社員についても過去に遡って未払いの残業代を支払うよう是正勧告が出されてしまう可能性すらあります。

このようなケースで残業代の請求をされてしまった場合は、話し合いによってお互いが納得する未払い金を速やかに支払うことです。そして、今後このようなことが起きないよう、早急に残業代請求対策を施す必要があります。

 

請求されてからでは遅いのが残業代請求対策。あなたの会社は対策ができていますか? ⇒残業代請求対策

残業代請求対策の相談

このページをお気に入り・ブックマークに登録 ⇒  twitterでつぶやく ⇒ twitter

Copyright © 2010 未払い残業代請求対策ナビ All rights reserved.