社員が自発的に残業をした場合 / サービス残業代トラブルから会社を守る方法 未払い残業代請求対策ナビ

社員が自発的に残業をした場合

「残業の指示はしていません。社員の自発的な残業にまで残業代を払わなくてもよいのでは?」

従業員が自発的に残業を行っている場合でも、使用者がその自発的残業を知りながら中止させずに残業をさせていた場合は、その自発的な残業を容認したことになります。

管理体制の見直しを

自発的な残業の場合、自発的にしてくれるくらいだから残業代を請求されたりしないかもしれません。

しかし、命令はされなくても残業をしなければとても終わらないような仕事量で、従業員は不満に思っているという可能性もあります。また、残業代を稼ぐためにわざと残業をする従業員もいるかもしれません。どちらにせよ、もし残業代を請求されれば支払うことになってしまいますので、管理体制や就業規則をしっかりと見直し、無駄に残業をさせないような残業対策をする必要があります。

 

請求されてからでは遅いのが残業代請求対策。あなたの会社は対策ができていますか? ⇒残業代請求対策

残業代請求対策の相談

このページをお気に入り・ブックマークに登録 ⇒  twitterでつぶやく ⇒ twitter

Copyright © 2010 未払い残業代請求対策ナビ All rights reserved.