付加金 - 請求されるのは残業代だけじゃない / サービス残業代トラブルから会社を守る方法 未払い残業代請求対策ナビ

付加金 - 請求されるのは残業代だけじゃない

付加金の追加で残業代の2倍を支払うことも

未払い残業代請求が来たときに支払う金額は、残業代だけではありません。
残業代のほかに、場合によっては「付加金」として、残業代と同等の金額を支払うこともあります。

付加金は、裁判所に未払い残業代の請求をするときに未払い額と同額を請求できるというものです。
未払いの残業代が110万円だった場合、そこに付加金が加わると、倍の金額220万円を支払うことになります。

(付加金の支払)
第百十四条  裁判所は、第二十条、第二十六条若しくは第三十七条の規定に違反した使用者又は第三十九条第六項の規定による賃金を支払わなかつた使用者に対して、労働者の請求により、これらの規定により使用者が支払わなければならない金額についての未払金のほか、これと同一額の付加金の支払を命ずることができる。ただし、この請求は、違反のあつた時から二年以内にしなければならない。

労働基準法 第114条

専門家は付加金も狙ってくる

残業代請求をされた時、相手の後ろに専門家がついている場合、多くの場合は成果報酬をとっているため、たくさんの金額を支払ってもらったほうが専門家も儲かります。

慣れている専門家であれば法律の知識を駆使して付加金を支払うように持っていきます。そうなれば請求される金額も大きくなり、会社の負担も大きくなってしまいます。

請求されてからでは遅いのが未払い残業代請求の怖いところ

残業代請求は、請求されてからできることは限られています。そして請求をされた場合、法律的には支払う義務があるため、支払いを余儀なくされてしまうのです。

未払い残業代請求から会社を守るには、事前の対策が大事です。

 

請求されてからでは遅いのが残業代請求対策。あなたの会社は対策ができていますか? ⇒残業代請求対策

残業代請求対策の相談

このページをお気に入り・ブックマークに登録 ⇒  twitterでつぶやく ⇒ twitter

Copyright © 2010 未払い残業代請求対策ナビ All rights reserved.