残業代請求の兆候 / サービス残業代トラブルから会社を守る方法 未払い残業代請求対策ナビ

残業代請求の兆候

残業代請求は予測できる?

残業代請求をされる前にはいくつか兆候があります。

もちろん、何の兆候もなく残業代請求をされてしまうこともありますし、これらの兆候が全て残業代請求の準備だとは限りません。しかし、リスクに備えるためにも、これらの兆候があった際は残業代請求対策がしっかりとできているかを早急に見直したほうが賢明です。

残業代請求の兆候

以下のようなことがあったときは、従業員が残業代請求を考えている可能性が高いです。
100%ではありませんが、これらの兆候があった際は注意しておくに越したことはありません。

  • タイムカードのコピーがほしいと言ってきた

これは非常に可能性が高いので注意しましょう。
以下は残業代請求以外の目的がある可能性も高く、タイムカードのコピーの請求ほど可能性は高くありませんが、残業代請求を考えている可能性も否定できません。

  • 従業員がタイムカードのコピーをとっている
  • 就業規則を確認したい、就業規則のコピーが欲しいなどと言ってきた
  • 「裁量労働制」「年俸制」などの労働条件について上司などに細かく質問をしてきた

もちろん、労働条件の確認などは残業代請求とは全く関係のないことのほうが多いでしょう。
ただ、もし残業代対策ができていないのであれば、これを機にしっかりと見直すのもよいかもしれません。残業代対策は、「残業代を払わずに働かせる方法」ではありません。しっかりと対策ができている会社は従業員にとっても働き心地の良いものなので、ぜひ見直しをおすすめします。

>> 残業代請求対策の相談

従業員が辞めたときは未払い残業代請求をされやすい

従業員が辞めたときは、未払い残業代請求をされやすいので注意しましょう。

会社を辞めたことを機に、未払いだった残業代を請求しようと行動に移すことが多いようです。
従業員に特に不満もなく円満退社に思えても、従業員の配偶者や友人などから言われ、心変わりするというのもよくあるケースです。未払い残業代は思っている以上に高額な請求ができるため、収入がなくなり不安な時期にそれを知れば、心変わりしてしまうのが人間というものです。

従業員が辞めるとき、従業員を解雇しなければならないときは、残業代請求対策がしっかりしているかをよく見直しておきましょう。

>> 残業代請求対策の相談

 

請求されてからでは遅いのが残業代請求対策。あなたの会社は対策ができていますか? ⇒残業代請求対策

残業代請求対策の相談

このページをお気に入り・ブックマークに登録 ⇒  twitterでつぶやく ⇒ twitter

Copyright © 2010 未払い残業代請求対策ナビ All rights reserved.